×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡のリンゴ
奇跡のリンゴ
■「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録■石川拓治■日本放送協会■幻冬舎■2008年07月農薬も肥料も使わず、たわわにりんごを実らせる…。ニュートンよりも、偉大な奇跡を成し遂げた男の物語。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介され、大反響を呼んだりんご農家の挑戦の日々を書籍化。この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年07月登録情報サイズ:単行本ページ数:207pISBN:9784344015449今、農業が熱い!農業で起業する本!特集⇒木村秋則さん新刊!『リンゴが教えてくれたこと 』はこちら⇒石川拓治さん推薦!『自然の野菜は腐らない』はこちら⇒木村秋則さん著書!『自然栽培ひとすじに 』はこちら不況を生き抜く知恵を身につけよ!農薬も肥料も使わず、たわわにりんごを実らせる…。ニュートンよりも、偉大な奇跡を成し遂げた男の物語。茂木健一郎さん司会のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介され、大反響を呼んだりんご農家の挑戦の日々を書籍化。 ⇒木村さんがリンゴの無農薬栽培を始めるきっかけとなった、福岡正信著『自然農法わら一本の革命新版』はこちら【内容情報】(「BOOK」データベースより)ニュートンよりも、ライト兄弟よりも、偉大な奇跡を成し遂げた男の物語。【著者情報】(「BOOK」データベースより)石川拓治(イシカワタクジ)1961年茨城県水戸市生まれ。ノンフィクションライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 産業> 農業・畜産業

評価: 4.65

star4.5


レビュー

生命とは何か?

農薬会社に勤めているが、農薬の功罪を謙虚に受け止める必要があると感じた。

農業

今でこそ無農薬というのはメジャーになっているが、農薬が当たり前の時代ましてリンゴ栽培という特殊な状況で、無農薬のリンゴ栽培に挑戦した体験談読みす進むうちに本文に引き込まれて一気に読んでしまった

頑張る勇気がもらえます!

この本は、感動し頑張る勇気がもらえた本でした!あきらめずに希望を持って前に進めますようにと、今回、闘病中の母へプレゼントしました☆母もとても感動していました!!かなりおススメです〜

友達にすすめられて

マクロビにはまっている友達に勧められて読みました。電車の中で読むとヤバイです。私は泣けました。無農薬で林檎を育てることの苦労と木村さんの人柄やエピソードがいちいち泣けます。普段口にするものに対しての考え方が変わるかもしれません。

商品を楽天で見る

商品リストに戻る

トップページ